医療保険とは?

病気やなったり事故に遭う可能性は誰にでもあります。
そんなリスクに備えるためにあるのが「医療保険」です。

医療保険にも様々な種類があり、どれを選んだらいいか迷ってしまいます。

まず基本的な保障内容には以下のようなものがあります。

・入院したら1日○○円給付 ... 5,000円や10,000円が多いですが、自分の希望する給付額を考える必要があります。また、入院初日から給付があるもの、入院5日目以降から給付があるもの、などその条件も様々です。また、給付日数に60日、120日など制限があります。

・通院したら1日○○円給付 ... 通院保障はある保険とない保険があります。近年は日帰り手術や通院治療なども増えているため、保障の有無や必要性を確認する必要があります。

・所定の手術を受けたときに手術給付金○○円 ... これも、10万、20万など保険によって給付金額が異なります。

このほか、特約としてこんなものもあります。

・がん特約 ... ガンと診断された場合に、入院給付金が上乗せされたり、診断一時金が支払われたりします。独立してガン保険としても売られています。

・3大成人病特約 ... 3大成人病と診断された場合に、入院給付金が上乗せされたり、診断一時金が支払われたりします。さらに、診断された以降は保険料不要、という特約がある場合もあります。

病気が心配ならば、保障が厚めの保険を選ぶのもいいですし、最低限で済ませたいのなら、シンプルな保険を選ぶことも出来ます。ただ、医療保険は年齢が上がってから入ろうとするほど、保険料が高額になります。また、健康を害してから入るのは大変です。若くて健康なうちに、終身保障がある医療保険に入っておくと、トータルではお安くなると考えられます。

 1.保険ってそもそも…

 2.今の保険内容

 3.保険の必要性

 4.生命保険について

 5.医療保険について

 6.子供の保険について

 7.目的を持って資料請求

 8.リンクに関して

Copyright © 2010 保険の見直しN@VI. All rights reserved