医療保険の見直し例

医療保険が必要な理由は、「病気になったときの医療費を確保する」のが目的です。
逆に言えば、生命保険と同じく、潤沢な治療費を確保できる人には不要かもしれません。
また、病気・ケガのリスクは誰にでもあるものですが、いつかくるかもしれない病気やケガ
を心配しすぎて高額の保険料を払うことで、毎日の生活が圧迫されては本末転倒です。
適度な保障内容を考えるのが大事です。


・Cさん一家の医療保険の例

Cさん(会社員・40歳) ... 入院日額10,000円(10年更新。80歳払込)
              手術時10万円給付
妻(専業主婦・35歳)  ... 入院日額10,000円(10年更新。80歳払込)
              手術時10万円給付

この場合、十年後の更新時期には保険料が跳ね上がります。
また、年金暮らしになって以降も、高額の保険代金を払い続けなければなりません。
終身保障に移行するならば、なるべく早い時期に保険の内容を変更する必要があります。
また、ガンや成人病になったら不安だという場合は、特約やガン保険の検討も必要です。
以下のような変更例を考えることも出来ます。

Cさん(会社員・40歳) ... 入院日額5,000円(終身保障。65歳払込)
              ガン特約(入院日額5,000円給付、診断時100万円給付)
妻(専業主婦・35歳)  ... 入院日額5,000円(終身保障。65歳払込)
              ガン特約(入院日額5,000円給付、診断時100万円給付)

医療保険についても、どんな保障が必要なのか、どんな保障を望んでいるのかを考えないと、
保険の内容が決まりません。身近に入院経験がある人がいれば、医療費についてイメージするために
詳しく話を聞いてみるのもいいかもしれませんね。

 1.保険ってそもそも…

 2.今の保険内容

 3.保険の必要性

 4.生命保険について

 5.医療保険について

 6.子供の保険について

 7.目的を持って資料請求

 8.リンクに関して

Copyright © 2010 保険の見直しN@VI. All rights reserved